コミてん(COMI×TEN)FM77.7MHz

MCの釘丸欣也です。

26回目の放送となる平成27年12月9日(水)放送のレポートしていきます。

ドラコンの聖地「三豊ゴルフクラブ」で2015年12月5日・6日に開催されるの【プロフェッショナルドラコン全日本選手権2015】の抽選会をラジオ放送内で行いました。

反発係数測定の結果をレポートしました。

今大会では、エントリーのある全ての選手の使用するドライバーヘッドの反発係数測定を行いました。

通常、競技ではCT値257までですが、今大会では金属疲労と思われるCT値262までを認めることとなりました。

79本持ち込まれたのですが、9本がCT値262を越えていたため使用不可となりました。

今大会に持ち込まれたドライバーヘッドのCT値で最大値はCT値323で、勿論これはアウトですが、CT値が高いほどボールを弾く力が強く、同じヘッドスピードだとCT値が高いほど飛距離が伸びます。

賞金もかかり、飛距離を競うのがプロのドラコン競技である以上、同じ土俵で勝負する為にも、違反クラブ追放運動をしなければと運営サイドとしては感じました。

また、CT値をクリアしたドライバーは、60度計測法でドライバーの全長を測定しました。

ドライバーの全長がプロが47インチ、アマは48インチまでの使用が認められています。

この検査に合格したドライバーに、今大会での使用を許可するシールが貼られました。

因みに、CT値257で測定すると、79本中16本がアウトでした。

新感覚ゴルフラジオ番組『プロフェッショナルドラコン』コミてん(COMI×TEN)FM77.7MHz MC 釘丸欣也(一般社団法人日本プロドラコン協会代表理事)guest 松谷伸次プロ(福岡)2015-12-09

後半は、試合の模様をレポートしました。

質問者の写真
デビュー戦の岸川菜月プロ(長崎)の活躍が凄かったですね。
解答者の写真
男子に混ざってエントリーしたレギュラートーナメントで第3位。
レディースツアーでは、8球中5球グリッドを捉え、見事優勝しました。
質問者の写真
レギュラートーナメントもJPDAらしく盛り上がりました。
解答者の写真
決勝トーナメントのすべてを、サドンデスで、飯塚孝幸プロ、岸川菜月プロ、工藤一幸プロを破り、鹿児島の山小田英樹プロが優勝しました。

続きは、YouTubeで!

心・技・体が揃わない限り、勝てないのがJPDAのドラコンですが、まさに、そんな試合展開でした。また、プロとして、競技以外のところでも見せてくれた選手がいて、誇りに思います。

新感覚ゴルフラジオ番組【プロフェッショナルドラコン】は、サイマル放送(音声)・Ustream(映像)にて、全国どこで聞くことができます。

今日の放送内容は、編集後に、過去の動画にもアップされています。

COMI╳TEN FM777.7MHz

コミュニティラジオ天神は、福岡市中央区のコミュニティFM放送局。
サイマルラジオについて