JPDAでは児童養護施設助成支援活動では親がいない子供達が集団で生活している施設への寄附やイベント等の支援活動をおこなっています。

「すべての子供達へ、子供たちの笑顔は未来を創る」とし、
ただのプロ団体ではなく、
全てのゴルファーのお手本となり
子供達へ希望を与えられる競技とし、
また支援活動を通じ子供達の笑顔を増やすと同時に
夢と目標を与えられる存在になりたいと考えています。

ドラコン競技(ツアー大会)において選手が打ったボールは計測後、
基本的に選手へ返却されません。

当協会ではドラコン競技(ツアー大会)終了後回収したボールをチャリティーで一般販売いたします。

その収益全額を児童養護施設へ寄附いたします。

ドラコンツアーは様々な地方で行われます。
ツアー単位で一般販売を行い、退会実施都道府県の児童養護施設へ寄付いたします。

チャリティー実績